包茎の種類は通りあります

ABCクリニック横浜院は包茎治療が専門ですが、その包茎にもいくつか種類があり
それによって治療方法も変わります。

仮性包茎
仮性包茎はもっとも多い包茎のタイプです。通常包皮が亀頭を覆っていますが手でむくと亀頭を露出させることができ、勃起すれば亀頭が自然に露出するかもしくは手で剥けば露出するといった状態のものです。
勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する正常に近い軽度の仮性包茎から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎までいろいろです。
仮性包茎は本来日常生活に支障はない事を意味しますが、性交の際に痛みを伴ったり、包皮口が特別狭い場合は剥くことが難しく、無理に剥いてしまうと腫れて元に戻せなくなるなどの場合は治療の対象になります。

この様に日常生活に支障をきたすような症状が出た時以外は、何か必ずしも手術をしなければいけないということはありませんが、包皮の中が最近の温床になることで、何かのきっかけで亀頭などを傷つけてしまった時に感染症を引き起こす可能性、それをパートナーの女性に感染させてしまう危険性をはらんでいることも確かです。


真性包茎
包皮口が非常に狭く、平常時でも包皮を手でむくことができない。常に亀頭が包皮でおおわれている為に亀頭と包皮が癒着を起こしている状態を真性包茎と呼びます。この症状は性交渉がむずかしいばかりでなく、日常生活にも支障をきたすため、早晩治療の対象になります。
真性包茎の場合この他に「性器が悪臭を放ちやすくなる」「真性包茎が原因で亀頭の正常な発育が妨げられ、短小や先細りになる場合がある 」などのほかにも「包皮が邪魔をして射精しても子宮に十分量の精子が届かず、不妊の原因となる」など、生殖行動自体への障害となるなど、予想がしにくい事も起こります。
いずれにしてもなるべく早い治療が必要です。

カントン包茎
仮性包茎との判別がしにくい軽度の物もありますが、包皮口が狭い仮性包茎を無理にむいた場合、陰茎を圧迫したり亀頭部分が鬱血してしまうなどの症状、そのまま勃起したらさらにそれが激しくなるのはカントン包茎と言われる状態です。
カントン包茎はそのまま放置しておくと、鬱血している部分の一部が壊死(細胞が死滅)する恐れもあり、そうなると緊急の処置を必要とします。無理にむかないようにしていても、性交渉の時など、意図せず包皮がむけてしまう場合もあり、注意が必要です。
このように包皮口が狭い場合は性生活に強く影響を及ぼすほか、健康面にも大きなリスクを抱えた状態といえますので、特に無理にむ けて腫れてしまう前に早急に医療機関に相談し、治療をうけることが望まれます。


※真性包茎・カントン包茎は保険適用の対象になることからも、症状が重くなる前にクリニックで適切な処置を行う膣用があります。一方で仮性包茎の場合はどうかと言うと、日常生活に支障を来たさない限りは保険の対象にならないこともありますが、カントン包茎と紙一重で判断が難しい場合もあるようです。

  • ABCクリニック横浜院のご予約はこちら(TOPページ)


  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります